結婚指輪は結納までに準備をしておきましょう!

結納の儀式に必要な結婚指輪

二人の交際が順調に進んでくると、両家で顔合わせをするために、結納の儀式を行うのが一般的です。結婚指輪は二人で日常的に装着をする指輪ですが、正式な婚約の儀式の結納までに製作をしておく必要があります。セミオーダーやフルオーダーなどのオーダーメイドを依頼する時は、既製品に比べると届くのが遅いため、早めに専門店に足を運ぶことが大事です。結婚指輪は長年使用する指輪なので、耐久性に優れており、錆びにくいプラチナの素材がお勧めです。事前に大体の予算を決めておくと、希望に合った商品を購入できます。専門店では高い技術を持った職人やデザイナーが在籍をしているため、理想の結婚指輪を製作してくれます。ネームやメッセージの刻印はサービスに含まれていることが多いです。

指輪交換のために準備をしよう

結婚指輪は婚約の儀式の時はもちろんですが、結婚式場で永遠の愛を誓う時に指輪交換を行います。結婚式に必要な作法やマナーは、スタッフが丁寧に指導をしてくれるので安心して下さい。結婚指輪は日本人の肌によく似合うゴールドの素材や、希少性の高いプラチナが人気があります。30代以降の大人のカップルには、シンプルで落ち着いた印象の結婚指輪が人気です。専門店では定番のシンプルなデザインの商品から、複数のダイヤモンドを使用した装飾性の高い商品も人気です。オーダーメイドを依頼する場合は、3か月ぐらいの期間が必要になるケースもあるため、専門店に納期がどれぐらいなのか聞いておくと安心です。人気の専門店では、納得が行くまで打ち合わせができます。

結婚指輪のお返しとして女性から男性に贈るプレゼントは、一生使えるものという観点から腕時計の人気が高いです。