ラインによるデザインの違いを知っておく

結婚は法的な手続きです。赤の他人が結婚をすると、いろいろな権利が法的に守れられるようになります。婚姻届けを出せば結婚は成立しますが、多くの人は結婚式をして親族などに報告をします。結婚式の主役は何といっても花嫁で、ウェディングドレスを着るならできるだけきれいに見せてくれるタイプを選びたいでしょう。いくつかの種類があり、よく知られているのがAライン、プリンセスライン、マーメイドラインなどがあります。AラインはアルファベットのAのように腰のあたりから広がるタイプです。プリンセスラインはAラインに似ていますが腰の部分に切り替えがあります。マーメイドラインは膝辺りから裾にかけて広がるタイプです。体型が気になるならAラインやプリンセスラインがいいかもしれません。

可愛いタイプがいいか優雅なタイプがいいか

童話に白雪姫やシンデレラ等があります。外国の童話ですが、どちらもきれいな女性が主人公です。子供のころに憧れた人もいるかもしれません。どちらも最後に王子などと結婚をするシーンで終わります。その時の衣装はお姫様的なイメージがあるかもしれません。ウェディングドレスを選ぶとき、まずはお姫様チックな可愛いタイプがあります。フリルなどのデザインもたくさんあり、体型を隠すのにもいいデザインになるでしょう。一方優雅なタイプを選ぶ人もいます。デザインはどちらかといえばシンプルで、自分の体のラインと組み合わせて着るタイプになるかもしれません。体型に自信のある人や、エステで自分を磨こうとするなら、優雅なタイプを選んでおきましょう。

人気のドレスでも定番の形や流行にとらわれず自分の好みで決めたいものです。清楚で格調さのきいたウェディングドレスのヴェラウォンはキュートな女性らしさ、エレガントな優美さが特長です。