結婚式に招待された!知っておきたいマナーは?

招待状の返信の仕方は?

結婚式に出席する際、招待状を返信する必要があります。招待状はできるだけ早めに送り返しましょう。届いたらすぐに返信するのが理想です。返信が遅くなってしまうと、新郎新婦に迷惑をかけてしまうので、届いた日から2~3日以内に送付するのがベストです。

たとえ予定がはっきりしない場合でも、その旨を伝えることが大事です。「返信が遅くなります」ということを電話で伝えておけば、新郎新婦に迷惑がかかることもありません。

招待状に文字を書く際に、わざわざ万年筆を使う必要はありません。普段使用しているボールペンでOKです。ただし、ピンクなどのカラーペンを使うのはマナー違反となります。また、グレーも不祝儀の色とされているので、避けるようにしてください。

ご祝儀に関するマナーは?

ご祝儀の相場は2~3万円と言われています。いくら包んでも構いませんが、「四」や「九」と言った縁起の悪い金額を包むのは避けましょう。以前は「二」も縁起が悪いとされてきましたが、最近は「カップルを意味する数字」として認識されているので大丈夫です。

ご祝儀袋は、バッグや服のポケットからそのまま出してはいけません。ふくさに包んで持って行ってください。ご祝儀袋を手渡す際は、相手から見て文字が読みやすい方向にして、両手で渡すようにしてください。

直前に急用ができて結婚式を欠席することになった場合、ご祝儀全額をお祝い金として渡しましょう。せっかくお料理や引き出物を用意してくれていた先方へのお詫びと感謝の気持ちを込めて、ご祝儀全額を渡してください。

福岡の結婚式場は約200件以上あります。それぞれに魅力があり、海の近くで行われるリゾートウェディングだったり、ホテルでの厳かな結婚式だったり、森の中を連想させるような結婚式だったりと様々です。