やっぱり気にするべきなの?結婚式の日取りを考えよう

六曜を気にするべきかどうか

昔は仏滅の日は結婚式などのおめでたいことは避け、なるべく大安の日を選んだ方がいいと考えられていました。友引や仏滅、大安などを六曜と呼びますが、実は今でも結婚式の日取りを決める際に重視されているんですよ。専門式場やホテルでも、やはり大安や友引の日はすぐに予約が埋まってしまいます。逆に仏滅は予約が集まりにくい傾向があるので、この日に結婚式をする場合は割引価格が適用されることも珍しくありません。コストパフォーマンス重視で、あえて仏滅を選ぶことも決して間違いではないのですが、年配者のゲストからはあまりいい印象を持たれないことも多いです。自分達が六曜を気にしないタイプでも、結婚式に招待するゲストの年齢層が高めなら、大安か友引の日にした方が無難と言えます。

カレンダーをじっくり見ながら決めよう

結婚式に向いている時期もあれば、逆に不向きな時期もあります。ジューンブライドに憧れる女性は6月にこだわる人が多いですが、これは本来は西洋の風習です。高温多湿の気候である日本で6月に結婚式をしようとすると、雨の日も多く梅雨のシーズンで湿度も高いので、特に屋外で行うガーデンウエディングには合いません。穏やかで気候が安定した時期の方が式の最中も過ごしやすいですね。同じように真夏や真冬、台風シーズンも避けた方がいいでしょう。ゲストたちが他に予定を入れている場合を考慮して、旅行に出かける人が多い年末年始やゴールデンウィークなどと日程をずらす方法もおすすめです。

ブライダル関連のサイトを利用するのが、福岡の結婚式場をスムーズに見つけるコツです。またコンサルタントと相談すると、予算に合わせて適したプランを紹介してもらえます。