華やかに!たおやかに!和の婚礼衣装で式を挙げよう

パーティスタイル気分で

豪奢な金銀錦やうっとりするような染め技など、幸せを願う想いを乗せて時代から時代へと受け継がれてきた伝統美をまとって結婚式をおこなうというのもいいでしょう。本当に上質な一着はいつまでも、自分はもちろんのことゲストの心に残りますよ。たとえば、黒地に金の流水紋、吉祥柄の飛翔鶴をあしらったクールな印象を色打掛は、大胆でありながらシックな配色であれば、豪華なホテルでの披露宴でもスタイリッシュなレストランでもよく合いますよ。挿し色には赤をきかせて華やかにするといいでしょう。

肌色を艶やかにみせる

華やかな紅色に、冴えた色合いの花々が映える一着は花嫁の顔立ちを若々しく照らし出してくれますよ。日本ならではの意匠で、驚くほど繊細な相良刺繍が、愛らしさの中に気品あふれるたたずまいを実現してくれます。披露宴の主役にふさわしい華やかな逸品ですよ。

四季折々の花が彩る!

金糸の輝きが豪奢で上品な白の打掛は、全体を通してゆったりと流れるような柄に彩られ、やさしい色合いの花々が端正な華やぎを添えてくれますよ。カラフルなボールブーケを持って、若々しさを出していくといいでしょう。

百花繚乱の引き振袖で

鮮やかな赤地に四季の花々、さりげないの鼓の柄が染め抜かれた手描き友禅の引き振袖は、金糸輝く丸帯に若草色の抱え帯や懐剣を添えて、若々しいコーディネートにするといいでしょう。花嫁の笑顔が大輪の花のように輝く、優美で愛らしい緋色に染め上げられた引き振袖という百花繚乱の装いは晴れの日にふさわしい一着となりますよ。

鶴岡八幡宮で結婚式を行うと、参拝に訪れた一般の方からも祝福を受けることができます。日の入りの時刻に行われる幸あかり式は、幻想的なムードに包まれます。